転職活動スケジュールの立て方

 転職活動で重要になるのがスケジュールの立案です。転職活動が思い通りに進むことは稀ですが、だからといってスケジュールの立案をおろそかにしてはいけません。退職時期を明確にしないまま転職活動を行うと、いつまでも決断が出来ずダラダラと転職活動だけをつづける事になってしまいます。

 

 転職活動に入る前にしっかりとスケジュールを立てることで決断が促され、しっかりとした転職活動ができるようになります。しっかりと気を引き締めるためにも、スケジュールを立てることから始めてください。スケジュールを立てるときは、最初に転職完了する目標時期を設定します。何月何日と細かく設定する必要はありませんが「少なくとも何月までには転職を完了させる」という形で目標を決めてください。

 

 転職完了の予定時期を設定したら、そこから逆算してその他のスケジュールを決めていきます。退職希望を会社に告げてから完全に退社するまでには、少なくとも一ヶ月は必要です。退職予定日前の一ヶ月間は、仕事の引き継ぎなど退職準備に充てることになります。このように最初に退職完了予定日を決めておけば、そこから逆算で求人情報を集める時期や面接にこぎつけておく時期など、順々に予定を埋めていくことができます。スケジュールを組むことで転職活動を始める時期も導き出されますから、予定に沿って転職活動を進めてください。