履歴書に添付する写真

 転職活動で最初に行うことは履歴書の作成です。履歴書は、誤字脱字がなく明瞭に記載することが大事です。この履歴書が担当者の眼に留まると面接へと進むことになります。履歴書の内容が大事なのは当然ですが、顔写真も大事です。担当者の判断材料に写真も大きな比重を占めているからです。写真を見て、この人に会ってみたいと感じることが多いのです。履歴書の書き方は、サイトを検索すれば容易く見つけることができますが、顔写真についての記事は多くありません。

 

 写真は、プロに依頼するかスピード写真です。自分で撮影したポートレートやスナップ写真はNGです。写真館の写真は、スピード写真と比べてキレイに撮影することができます。写真館の場合は、カメラマンからキレイに撮れるようにアドバイスしてもらえます。しかし、スピード写真の場合は、全てセルフです。それでも、ちょっとしたことでスピード写真でもイイ写真を撮影することができます。まず、写真から受け取る印象を健康的にします。撮影前日に深酒をしたり夜更かしをすると顔色がくすみますので気をつけます。次に、前髪が額にかからないようにします。額にかかると顔全体が暗くなたり、スッキリとした感じの顔になりません。女性なら、明るめのチークを入れてみることもコツです。

 

 最後に、撮影時の姿勢と服装です。撮影時には(面接時でも同じです)、背を伸ばして肩を開いて、少し胸を出す感じにします。こうすることで健康的なイメージを演出できます。服装は、男性ならスーツ・ネクタイは必須です。色は、グレーや紺色の落ち着いた感じの服を選びます。女性の場合、胸の谷間を出すのようなデザインは控え、アクセサリーは着けないようにします。履歴書写真は、健康的で明るいイメージになるように心がけることが大事です。