早く転職をしたいがための陥りがちな失敗パターン

無事内定をもらい、転職先でこれから一生懸命働こうと意気込んでいますがここで陥りがちな失敗例を挙げたいと思います。
内定をもらったら、勤務形態や仕事内容、給与、昇給、手当などなどこれから働くにあたっての重要事項が決められていきます。

 

 

ここで話される給与などのお金の面ですが、雇用される側としては言われた通りの給与で働かなくてはならないというプレッシャーや、給与面で不満を言うと今後働くうえで仕事がやりにくくなってしまうのではないかという思いから自分の望む金額を言い出せずにいる人がほとんどだと思います。

 

 

最初は提示された給料でもいいやと思い働いていても、本当はもう少し高い給与でもいいんではないかと内定時に思っていたのなら働いているうちに不満が膨らんできてしまいます。
せっかく決まった転職先なのに、いやいや働くのなら転職した意味がありません。

 

 

このようなジレンマを起こさないためにも、最初の時点でお給料に関することはしっかりと確認しておく必要があります。
提示された給与はどのように算定されたものなのか、昇給は年に何回ありどの程度なのかをきちんと聞く勇気も必要です。

 

 

自分のスキルがもっとあると自負しているのなら、過去の経験などを提示して給料アップを交渉するのも一つの手です。
また、同業他社を複数応募することで給与の平均が予想できます。

 

参考
30代の転職スタイルガイド
xn--30web-ek2ho570awdya.net
30代が後悔しない転職方法

 

MSN産経ニュース

 

多くの転職先に応募するのは大変と思うかもしれませんが、複数の会社に応募することで様々な面が判断材料となり選び方も変わってきます。
せっかくの転職先で気持ちよく、そして自分のスキルを提供するのに見合ったお給料を勝ち取るためには最初の交渉は不可欠です。