転職先の探し方

 転職先を探す時、あなたならどうやって求人情報を探しますか?求人情報誌やインターネットの求人サイトなどいろいろありますが、まずは転職の第一歩、求人情報の探し方をご紹介します。

 

ハローワークで仕事探し

 

 求人情報と言えばやはりまず思い浮かぶのはハローワークでしょう、ハローワークには多くの求人情報が寄せられます、企業にとってハローワークは無料で求人情報を出すことができるため求人情報誌やインターネットの求人サイトには載っていないような求人情報も多数あります。

 

 そういった意味ではハローワークは転職の第一歩には最適です、さらにハローワークの場合は失業手当を受けるためにも必要ですので、会社などを辞めてから新しい職探しをする場合は必須でもあります。

 

求人情報媒体を利用する

 

 ハローワーク以外でとにかく多くの求人情報を探したい場合利用するのがリクナビやマイナビ転職といった求人媒体ですが、こういった媒体の場合は基本的に自分に合った企業なのかどうかは自己判断になります、きちんと自己分析ができているならば業種や仕事内容を絞って効率的に探すことができるでしょう。

 

 リクナビネクストやマイナビ転職、DODAといったような大手求人媒体には多くの情報が掲載されていますので、業種や仕事内容が明確でない人でも熟読しながら自分に合った仕事選びをするにも適していると言えます。

 

インターネットで求人情報を探す

 

 インターネットの検索エンジンで求人関係の情報を集めるのも今ではあたりまえにできます。ただこのやり方の場合検索のやり方によってはあまりにも多い情報が表示されてしまい、なかなか絞りづらいのもデメリットです。

 

【人気記事】
ニートから社会人へ|就職のための戦略ガイド
ニートの就職の手助けをするための情報ガイド!

 

 最後に求人情報の読み方ですが、まず覚えておくべきなのは求人情報に記載されている内容をあまりにも信じすぎないことです、勤務時間や給料幅は実際に求人情報に記載されている幅の給料がもらえることはほとんどありません、もちろん正社員になれば残業もあるでしょう、まずは自分に合った仕事かどうか、転職前の経験を活かせるかどうか、そういった点をポイントに転職先を探すといいでしょう。